スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




         

吉瀬美智子、『死刑台のエレベーター』公開初日舞台挨拶

俳優の吉瀬美智子と阿部寛が主演するラブ・サスペンス映画『死刑台のエレベーター』

(緒方明監督)が公開初日を迎えた9日、東京・角川シネマ新宿でキャストによる舞台

あいさつが行われた。

作品は1957年に製作されたフランスのルイ・マル監督の傑作映画を世界初リメークしたもの。

オリジナル同様、「もう耐えられない。愛してる」というセリフとともに顔のクローズアップで始まり、

顔のアップで終わる演出に吉瀬は「あんなに大きく映っているとは知らなかった。ラストの

シーンは毛穴がわかるくらい寄りで撮られている」と照れ笑いした。


舞台あいさつには吉瀬と阿部のほかに、ストーリーの狂言回し的存在の若いカップルを

演じた北川景子と玉山鉄二、緒方監督が登壇。北川の出演シーンのクライマックスは、

監督曰く「トイレで吐くシーン。撮影では大量にゲロを吐いていた」。

髪を振り乱し、涙で顔もぐしゃぐしゃになって撮影されたが、北川は「過酷ではなかった、

楽しかった」とケロリ。「メイクさんとどうやったらリアルに見えるか、小麦粉を使ってみたり、

溶かした飴を使ってみたり、いろいろ試しました」と話した。


エレベーターに閉じこめられてしまう男を演じた阿部は、「劇場のエレベーターの前のこの

映画のポスターが張ってあるのを見て、微妙な気持ちになった」と笑わせ、「サスペンスの

面白さと思うのは見ていてイライラしたり、ハラハラしたりして観客が突っ込みを入れながら

作品の世界に入っていく、そういうものだと思います。この作品が成功してほしい」と

アピールした。


緒方監督は「クローズアップで始まり、終わる映画はあまりない。オリジナルがチャレンジ

したことを引き継ごうと思った」などと語り、「大変なプレッシャー」だったと振り返った。

7.jpg


↓↓↓クリックしてもらえたらがんばれる気がします

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング 芸能ランキング 



         

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴかぴかちゃん

Author:ぴかぴかちゃん
FC2ブログへようこそ!

ブログランキング 
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
5778位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
タレント
389位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。